小野寺タヒチ ブログ

離婚・婚活を経て、ただいま妊活真っ最中! 女性・子ども・家族につわることを書いています。趣味は保育園での読み聞かせ

神田沙也加離婚、子なし3年目は離婚率高め

f:id:Tahiti-Onodera:20191216195708j:plain

2017年5月に結婚した神田沙也加さん。

アナと雪の女王」アナ役の声優や、ミュージカルの大舞台でも主要キャストを演じるなど、女優として素晴らしい活躍を見せる神田さん。

離婚の理由は、子どもが欲しいか否かで、夫婦の意見がまとまらなかったことにあるそうです。

 

子どもを持つか、持たないか、これは夫婦にとってかなり重要な問題です。

だからこそ、結婚の約束をする段階で、最初から意見を擦り合わせておくカップルも多いはず。

だけど、結婚前に意見を擦り合わせておいても、途中から、片方が意見を曲げることもあり得る話。

磯野貴理子さんの再婚が、まさにそれでしたよね…

 

かく言う私も、途中から元夫が「子どもなんて欲しくない」と途中から意見を変えてきました。

※後々、それは不倫が原因だったと分かるわけですが。今回は、その話はさておき。

 

 

結婚して3年目、子どもがいない夫婦の離婚率は、高いと言われています。

私自身がまさにそれでした。

 

3年も経つ頃には、ただ新婚を楽しむだけではない、次のステップを意識するもの。

結婚する平均年齢が29歳頃なので、そこから3年経ち、女性も32歳。

年齢的にも、出産を意識する頃です。

 

それと同時に、30代の女性は、仕事においては、キャリアを積んでいる最中。

神田さんのように、厳しい芸能界で活躍し続ける方なら、出産のタイミングは非常に難しいことのように思えます。

 

また、旦那さんが、ブログで「神田さんが出産に前向きになれなかった」という文面を使ったことも、ネットを騒がせていました。

このご時世、出産を選ばない意見も尊重されるべきだと、私も思います。

神田さんには、母として以外の、活躍できる場があるわけですから。

もしかしたら、神田さんも子どもはいつかは欲しいと思っているけれど、旦那が待てなかっただけかもしれませんが…そのへんのことは、明るみに出ていませんね。

 

子どもが欲しいのに、パートナーが反対している、という方。

私自身がその立場だったので、その苦しさはよく想像できます。

子どもを諦めるか、離婚するかの2択ですから、それは地獄の選択ですよね…

進むも、とどまるも、どちらも地獄。

 

 

私は、元夫の不倫が発覚したので、離婚しました。

でも、不倫が明るみに出なくても、離婚しようと思っていました。

離婚そのものは大変だったけれど、今は、子どもが欲しいと心の底から言ってくれる方と出会えて、幸せです。

残念ながら、まだ授からず、不妊治療中ですが、その治療にも夫は協力的です。

 

私は、まだ「子どもを持たない」という人生は、想像していません。

不妊治療は結果が出ずにいますが、まだあきらめたくないので、頑張ります!

 

誰も教えてくれなかった子どものいない女性の生き方

誰も教えてくれなかった子どものいない女性の生き方

 

 

 キンドル・アンリミテッド会員なら、無料で読めます】