小野寺タヒチ ブログ

離婚・婚活を経て、ただいま妊活真っ最中! 女性・子ども・家族につわることを書いています。趣味は保育園での読み聞かせ

自宅でできる人工受精、シリンジ法の使用感

f:id:Tahiti-Onodera:20191208133602j:plain

前回の続きです。

対外受精のお休み期間を利用して、シリンジ法を試してみました!

  

今回試したのは、こちら!

後々知りましたが、妊活サプリの「プレグナ」を出している会社のものです。

 

使い方は、とても簡単。

誰でも、迷わずに、すぐできます。

 

まずは、付属のプラスチックカップを持たせて、夫にトイレで出してもらう(笑)

我が家は、そもそもシリンジ法を試したいと言い出したのが夫だったので、自ら進んでやってくれましたが…

世の奥様たちは、この工程が一番難関かもしれないです。

 

人工受精だと、蓋つきのカップなので、中身が見えることはありません。

だけど、シリンジ法についてきたのは、蓋なしの普通の四角いカップ

中身がまる見えなので、恥ずかしい…

次の難関があるとしたら、この恥ずかしさかも。

 

我が家は、見られるのが恥ずかしいということで、夫が注射器に入れてくれました。

これも、ただ吸うだけなのでシンプル。

WHOが基準としている量、だいたい2〜3ミリなら、一本の注射器に全て入ってしまう感じでした。

 

結局、恥ずかしくて見せたくなかった精液も、注射器にセットされた状態でお目見えすることになりました(笑)

よーく見ると、無色透明じゃないんですね…なんか黄色い…

ちょっぴり、ぞわっとしました(笑)

 

注射器の先に、同じ付属のゴムチューブをつけていて、それが5センチくらい?

細いので、すっと入ります。

 

で、終わり。

 

入れた後は、10分程度安静に寝ていましょう、と説明書にありました。

寝る直前だったので、何も問題なし!

 

旦那くんがトイレで何分使うかによりますが(笑)、シリンジ法なら一瞬!

忙しい朝でもできてしまうと思いました。

 

ただし、出した精液はすぐに使わないといけません

翌日に分けて使う、なんてことはできませんので、勘違いしている方はご注意を!

※うちの夫は当初、一度出したものを使い分けるものだと思っていたようです

 

夫の理解が得られる夫婦には、是非おすすめですー!