小野寺タヒチ ブログ

離婚・婚活を経て再婚。5回目の体外受精で何とか妊娠継続中!

婚活アプリ:よくあるトラブルと詐欺被害

f:id:Tahiti-Onodera:20191022103005j:plain


最近、ワイドショーでも取り上げられている「婚活アプリ」

私と夫は、そこで知り合って結婚しました。

上手に使えば最高の出会いの場ですが、トラブルはゼロではないのが現実。

メディアで取り上げられている事例や、私たちの実体験をもとに、よくあるトラブルと詐欺被害をまとめました。

 

 よくあるトラブルと詐欺被害

プチぼったくり詐欺

「知り合いの店に行きたい」「おすすめの店を予約してある」ということで、ぼったくり店へ連れて行かれるケース。

お店側とお相手がグルで、座って一杯飲んだだけで数万円の高額請求をされるという詐欺です。

メニューに、明らかに高額な値段が載ってる場合もありますが、値段が全く記載されていないケースもあるようです。

ただ、店に入った時の雰囲気や、店員の風貌から「おかしいな?」と気づくそうです。

 

2件目のお店に、とデートで誘われる場合も多いようですので、注意です。

 

高額商品ローン

 

自分がデザインしているアクセサリーを買って欲しい、ということで、店に連れていき、自分の作品を強く勧めてくるケース。

個室や、閉まっている(仲間うちしかいない)店内に案内されて、話をされます。

 

プチぼったくりと違い、これは数十万円という高額商品です。

当然、持ち合わせがないから、という理由で断りますが、その場でローンを組まされてしまうというトラブルです。

アクセサリーはイミテーションの場合もあり、値段と価値が釣り合っていません。

 

自分がデザインしている!応援して欲しい!という、情に訴えるケースもあれば、ねずみ講のように「これを買わないと損する!」というような上手な口車に乗せられてしまう人がいるようです。

高圧的な態度に出る人もいるようなので、恐怖で泣く泣くローンを組まされてしまう場合もあるようです。

 

 

 

国際ロマンス詐欺

これは婚活アプリでは、あまりないです。日本人限定のサイトがほとんどなので。

どちらかと言うと、ツイッターFaceBookで起こってしまう詐欺です。

 

外国人男性からメッセージが来て、やり取りを通して仲良くなり、恋が芽生えてしまい、高額送金してしまうというトラブルです。

相手の外国人は、軍人や研究職など、その場からすぐに会いに来られない職業を名乗っており、実際に会うことができません。

「仕事柄、今から会ってお金を借りることはできないんだけど、困っているから助けて欲しい」と、情に訴えて海外送金を迫ってきます。

もしくは、日本にいる知人の口座に入金して欲しいということもあります。

「あなたしか頼れない」「この金銭トラブルを乗り切ったら、プロポーズしに日本に行く」というような、恋心を逆手に取った詐欺です。

 

大抵、本人と無関係の写真を使っており、もちろん、会うことはできません。

本人は日本人で、外国人に成りすましてお金だけ搾取している場合も。

 

二股

二股の小さなトラブルは、恋愛と同じ程度によくあります。

 

婚活アプリは、出会い系サイトとは違い、登録には免許証などでの本人確認が必須です。

しかし、独身証明まで課しているサイトは少なく、既婚者が登録しようと思ったらできてしまうのが現実です。

もっと小さなレベルで言うと、婚約者がいる、恋人がいる人でも、婚活アプリで活動できてしまいます。

 

いわゆる「婚活」をテーマにしているアプリは、真面目に結婚を考えている人がほとんどで、軽い遊びの気持ちの人は少ないです。

「恋活、飲み友達」というテーマのアプリには、結婚を意識していない人も結構いるという印象です。

 

さすがに既婚者や恋人持ちは、実際に会って、お付き合いが進む段階で気が付くことがほとんどですが、見極める力が必要と言えば、必要です。

 

結婚相談所と連携している婚活アプリなどでは、独身証明がしっかりしているサイトもあります。

 

プロフィール詐称

登録するプロフィールも、詐称しようと思えばできてしまいます。

ただし、免許証での本人確認があるので、年齢はごまかせないと思います。

 

年収などは、証明書の提出で確認できた人には、証明済みマークが出ているアプリもありますが、大抵はチェックしていません。

好き勝手な内容を書こうと思えば可能で、時々、「絶対嘘でしょ(笑)」と思うような、高額年収のおじ様がいたりします…

でも、そういう大きな嘘は、何故か違和感があってすぐに気が付くものです。

実際は真面目に結婚を考えている人なら、大きな嘘はつく意味がないので、真実を書いているケースがほとんどだと思います。

 

年収は、細かく額を記入するというより、400~500万、500万~650万、のような選択式の場合が多いです。480万の人がちょっと盛って、500万~650万のゾーンを選択するようなことは、ご愛敬という感じです。

顔写真を、ちょっと加工してキレイに見せており、実際に会ったらちょっとイメージと違うかな?という人もいるようです。

 

 その他

私が実際にアプリに登録する時、サイトが出していた注意事項に記載してあった情報です。

日本国内ではなく、アメリカの話ですが、アメリカでは拉致事件に発展したケースがあったそうです。

初回デートで車に乗ってしまい、その場から連れ去られたという事件です。

初めて会う時は、公共の目がある場で会ってくださいという注意書きがありました!

 サイト別安心比較

ペアーズ

国内最大級で、AIと人間の両方で、24時間の監視体制と、トラブル対応をしてくれています。

それでも、トラブルがゼロとは言えませんが、サポート体制がしっかりしているところは安心ですよね!

 

ブライダルネット

 結婚相談所と連携しているので、身分保証がしっかりしています!

婚活サイトだけど、サロンでお見合いができるなどの安心感もあります。

見極める力に不安を持っている人は、おすすめです。