小野寺タヒチ ブログ

離婚・婚活を経て再婚。5回目の体外受精で何とか妊娠継続中!

マッチングアプリ詐欺、恋愛経験少ない人が狙われる!?回避するポイント

f:id:Tahiti-Onodera:20190917142115j:plain

後を絶たない、マッチングアプリ上での詐欺やトラブル。

上手に使えば、最高の出会いの場であるマッチングアプリが、そういう詐欺の活動の場になってしまうことに大きな憤りを感じます!

ほとんどの人が真面目で真剣に婚活しているんです、たった数人の詐欺者のせいで、マッチングアプリや婚活市場の信頼性が失われていくことは嫌だな。

マッチングアプリで結婚した私の立場から、絶対に引っかからないコツをお伝えしたいと思います。

 

いわゆる「モテる」部類の人々は、何も、そんな怪しげな人とコンタクトを取らずに済むので引っかかる人は少ないように思います。

要は、恋愛において「選ぶ側」に属してる人たちは、大丈夫!

 

問題なのは、どちらかと言えば「選ばれる」側に属してしまっている人たちなのではないでしょうか。

「いいね」のマークを返してもらえない、メールの返信をもらえないと。誰ともコンタクトを取れていない人が狙われてしまうのではないかと思うのです。

なかなか振り向いてもらえず、選んでもらえるのを待っている側の人。

 

この「選ばれる側」というのは、妄想です。

 

どの人も、あくまで相手は自分で「選んで」良いのです。

「やっと返事がもらえたから!」という理由で、相手を選んではいけません。

「今まで誰にも相手にされなくて、やっと見てくれる人が現れた」と、すぐに喜んではいけません。

 

恋愛経験が少ないと、いわゆる恋愛市場での常識が分からない、と思うのかもしれませんが、恋愛に常識なんてありません

恋愛の常識は、世間の常識です。

 

一度も会ったことがない人に、金銭を要求する。

支払う能力を超えた高額商品をすすめる。

 

こんなことが、世間で通用するわけがありません。

 

「あなただけにしか言えない」「大好きなあなただからこそ、言っている」というのは嘘です。

これは、恋愛にはあり得る特異な場面ではありません。

普通に考えておかしいことは、おかしいです。

 

いつでも、自分の家族や友達がその立場だったら、自分はどうアドバイスするか?という視点に立って考えることが必要です。

 

 

マッチングアプリの落とし穴は、返事が来ないことに対して、焦る、自信を無くしてしまうことです。

 

私も、何十通もメールしたのに、何日間も誰からも返信がなかった時期があります。

どうせ自分なんて誰にも相手にしてもらえないんだ…と悲しい気持ちになりました

何とかしなくちゃ!と焦る気持ちもすごくよく分かります。

 

だけど、婚活に焦りは禁物です。

一生添い遂げる相手を、焦って決めてはいけません!

 

たくさんの人にモテなくて大丈夫です。

いつか、たった一人の人と相思相愛になれればいいんです、すぐじゃなくていいんです。

 

おや?と思う人がいたら、遠慮せずに突っ込みましょう。

おかしいと思うことを、おかしいと伝えてみましょう。

それに逆切れしてきて返事が来なくなるような相手なら、結婚するべきではないです!

 

マッチングアプリなら、登録者はたくさんいます。

上手に探せば、必ず、あなたに人に出会えます。

 

【国内最大級マッチングアプリ:ペアーズ】

 

 

 詳しくは、ここに書きました。

キンドルアンリミテッド会員なら無料で読めます!