小野寺タヒチ ブログ

離婚・婚活を経て再婚。5回目の体外受精で何とか妊娠継続中!

4度目の移植も、低HCGで再判定

f:id:Tahiti-Onodera:20191028201742j:plain

今度こそ!の希望を持って、体外受精の移植、4度目。

 

E2やP4というホルモン値も良いし、内膜もちゃんと厚い!

仕事もそこそこセーブし、睡眠時間もバッチリ★毎日快適に過ごす。

 

だけど、移植7日目の血中HCG判定では、またしても低値でした。

 

本来は20.0程度なければ、妊娠継続とならないのですが、私の値は、わずか4.8。

今すぐ諦めてしまうには勿体ないので、しばらく薬を続けて、再判定という運びになりました。

 

着床はした。

 

だけど、妊娠はできないかもしれない。

 

2度目の移植の時も全く同じ状態でした。

 

 

先生も私も、一体どうして?どうしたら?と、無言になってしまいました。

 

着床したのだから、いわゆる着床不全ではないと思われる。

だけど、不育症かと言えば、あくまで化学流産だから、それも当てはまらないような…

 

妊娠までいかずに化学流産を繰り返してしまうのは、何故なんでしょうか。

卵の染色体の問題もあると思いますが、4度連続で失敗だと、果たして、それだけが原因なんだろうか?と疑ってしまいます。

 

年齢と共に流産率が高くなり、40歳では40%の流産率というデータを見ました。

私は36歳なので、こんなに何度も流産するのは、単に年齢という気もしないです。

分からないことだらけで、何をどうしていいか分からず、悲しく虚しい気持ちでいっぱいです。

 

もし卵が育ってくれたら、2日程度では、今の値の倍程度に増えるそうです。

5日後に再判定で、それまで不安な気持ちです。

特に、これといって特別にできることもなく。

 

せっかく胚盤胞まで育って、グレードも高いものができても、こうやって、なんとなーーく終わってしまう。

妊娠って、本当に奇跡だな、と思いました。

私も、これを読んでくださっている妊活中の方も、みんな無事に赤ちゃんが抱っこできる日が来ますように。