小野寺タヒチ ブログ

離婚・婚活を経て、ただいま妊活真っ最中! 女性・子ども・家族につわることを書いています。趣味は保育園での読み聞かせ

セックス頻度は妊娠に直結!精子が進みやすくなる

f:id:Tahiti-Onodera:20190910181821j:plain

セックスの頻度が高い方が妊娠しやすい、なんて当たり前。

回数が多ければ、当然、チャンスも多い。

だけど、タイミングの問題以外にも、実は回数が多い方が良い驚くべき理由があったんです!

 

女性の膣内は弱酸性。

一方、男性の精液は弱アルカリ性

 

つまり、精子は酸を中和しながら卵管まで進んでいくのですが、その酸に負けて大半が死んでしまいます。

 

排卵する前に何度か夫婦生活を持つと、膣内が中和されて、精子が奥まで進みやすい環境になるという説があるそうです。

 

 

なるほど、タイミングの時だけだと酸が強くて不利なわけですね。

 

 

そして、もう一つの不思議。

都内のとある病院のリサーチによると、セックスの頻度が高い方が妊娠率が高いのは、自然妊娠だけではない。

人工授精でも、体外受精でも、セックス回数が多い夫婦の方が妊娠率が高いという調査結果が!

 

月に6回以上セックスする夫婦の妊娠率は、自然妊娠~体外受精まで含めて70%超え

逆に、月に1~2回の夫婦だと、約45%と低くなる。

 

 

セックスは自然妊娠の時だけしていればOK!では、ないんですね。

日頃からの夫婦関係の良さは、どうやら、どの治療段階においても重要そうです。

 

 

精子の元気さと直結するってことかなぁ…?

たくさんセックスしたくなる = 精子充実 とか。

精子症でも、回数が多ければ妊娠できるのかな?

 

精子のために:補中益気湯

【第2類医薬品】ツムラ漢方補中益気湯エキス顆粒 48包

【第2類医薬品】ツムラ漢方補中益気湯エキス顆粒 48包

 

 

【第2類医薬品】補中益気湯エキス錠クラシエ 48錠

【第2類医薬品】補中益気湯エキス錠クラシエ 48錠

 

 これ飲んでもらって、頑張ろう!