小野寺タヒチ ブログ

離婚・婚活を経て、ただいま妊活真っ最中! 女性・子ども・家族につわることを書いています。趣味は保育園での読み聞かせ

浮気の証拠 誰でも絶対に見つけられるポイント

f:id:Tahiti-Onodera:20190717184013j:plain今は再婚している私ですが、前の結婚は夫の浮気が原因で離婚しました。

浮気・不倫が分かった時、色々悩んだけれど、結果的には「離婚しよう」と決めました。

そして、離婚がこじれて調停や裁判に発展した時のため、慰謝料などを請求しやすくするために、決定的な浮気の証拠集めをしようと思いました。

探偵にお願いしようと思ったのですが…探偵にお願いすると数十万円~100万円以上かかってしまうことが判明。

仕方がないので、何とか自力で証拠集めを開始。

最終的には弁護士もビックリするような証拠の数々を押さえました!

惜しみなく、皆様に伝授します!

 

【探偵・興信所に頼むと…】

浮気だと認められる証拠は、一回の逢瀬の証拠だけでは足りません。

ただ2人で食事をしているなどは浮気には含まれないので、宿泊するなどの決定的な証拠を押さえないと意味がありません。

そして、最低でも3回、同じ女性とホテルに泊まるなどの不貞行為の証拠を掴まないと、継続的な不倫関係だと認められません。

探偵の料金の相場は、一時間×一人=5000円~1万円。

絶対に現れる場所と時間が特定でき、その瞬間を逃さず撮影でき、それを三回繰り返せば数万円で済みそうですが、実際の浮気は、いつどこで会っているのかは不明。

張り込みになると、時間がかかる分、お金もかかります。

この日が怪しい!という日があった場合、大抵は現れそうな場所・数か所に人を配置して待ち構えるそう。複数箇所同時に張り込むとなると、益々お金がかかります。

 

見積もりを出してもらったのですが、とんとん拍子で上手くいっても、30万円はかかりそう、と言われました。

そんな大金、すぐには出せないので、まずは自分の力でできるところまでやってみよう!というのが、そもそもの始まりでした。

 

 

【一番大事なこと:知っていることを匂わせない】

証拠探しで一番大事なことは、こちらが浮気に気づいている素振りを見せないことです。

もし、浮気がバレているかもしれない、と感じたら、相手は証拠を隠したり抹消したりしますよね。

だから、いつもと何も変わらず、疑う素振りも見せず、油断させて泳がせておくのです。これが一番大事です!!

今すぐ浮気を追及して怒り散らしたい気持ちでいっぱいでしたが、それをぐっと押さえて、冷静に、冷静に、証拠を掴む。

これが証拠探しの鉄則です。

 

 

【携帯電話のロックを外す】

携帯電話は定番の証拠探し。

まずはロックを解除しなければいけませんが、夫婦なら知っている場合も多いはず。

寝ている間にロックを外します。

指紋認証なら、寝ている間に指をタッチ。顔面認証も同様。

パスワードは、いくつか思いつくものを試してみます。どうしても分からない場合は、画面を綺麗に拭いておいて、しばらく放置。

パスワードの箇所だけ指紋が濃くなっているので、ある程度パターンを割り出すことができます!

 

 

【ラインとメール、着信の履歴から本名を暴く】

今はラインの履歴を見れば、やり取りは一発かもしれませんね!

当時はまだそれほどラインが普及していなかったので、メールが主流でした。

アドレス帳に本名でそのまま登録されていればラッキーです。

メールは、いわゆる「受信ボックス」にはない場合があります。

重視すべきは「ごみ箱」です。そこには、受信ボックスから削除された怪しい証拠メールが、仕分けされていて、むしろ好都合です。

怪しいと思われるメールを見つけたら、写真を撮って証拠を残しておきましょう。

例えラインIDが本名でなくても、ニックネームや名前で呼び合っているので、相手の下の名前くらいは分かります

写真付きで、顔を明かしてくれている場合もありますよ(笑)

私の場合は、顔は見えなかったけれど、愛人の裸写真が添付されているメールがありました…

 

着信履歴も同様です。

仕事相手と見せかけている場合は、意外と本名のまま登録されていたりしますのでラッキーです。着信、受信、どちらもチェックしましょう。

留守番電話も忘れずにチェック

私は、「今会社の飲み会を抜けて向かってるよ」という留守電を見つけ、その日の飲食店のレシートも見つけたので、その日にこの女と会っていたという証拠を掴むことができました。

 

 

【写真フォルダーから、相手の顔を割り出す】

写真フォルダーをチェックし、登場する頻度の多い女性を割り出します。

メールで「今日は楽しかったね」などの内容から、会っている日を割り出し、その日付と同じ日に撮った写真を見つけられれば、確実にその人物です。

今は写真にも、撮った場所や日時の情報が載っている場合があるので、かなり助けになります。

顔写真が見つけられなくても、見慣れない写真は、いつどこで撮られたのかチェックしておきましょう。

メールを詳しく見ることができれば、いつ相手と会ったかは文面から推察できます。それと一つずつ擦り合わせていくと、会っている場所を割り出すことができます。

 

ちなみに、うちは裸の写真がいっぱい(笑)

不貞行為の動かぬ証拠がどんどん出てきました、見たくないもの見させられましたが証拠探しは楽で良かったです。

その裸写真の間には、私の誕生日の写真なども挟まっていて、見つけた瞬間は凄く悲しかったです。心を強く持って、証拠探しに専念しました。

 

 

ボイスレコーダーにすごい証拠が!】

これは、私の前の夫に限った話のような気がしますが、ボイスレコーダーに、ベッドでの声が録音されていました(笑)

そこで私が今日は出張でいないだの、次はいつ会えるだの、そういう話も出ていました。

聞きたくなかったけれど、よく聞くと、相手の職業に結び付きそうなこと(休みが土日とか、不定期のシフト制とか)や、相手の年齢などが分かってきました。

 

 

【グーグルマップの検索履歴とスイカの履歴で、相手の住所を暴く】

グーグルマップには「検索履歴」というものがあります。

そこで、よく行く場所が分かります。

いわゆる飲食店や施設ではなく、住宅地の一部が検索されていた場合は、そこが相手の家です。

 

また、スイカなどの交通ICカードは、乗った乗降履歴を駅の発券機で見ることができるとをご存じでしたか?

イカを入れて「履歴」というボタンを押すと、最大で直近の100件の乗降履歴を見ることができます。

会社以外でよく降りる駅、遅く帰ってくる日によく乗り降りする駅、それが愛人の最寄り駅です。

メールで割り出した、会っていた日に乗り降りしているので、それと照らし合わせれば、証拠は確実なものになります。

イカは履歴を印刷してしまうと、次回同じ履歴を印刷することができません。履歴印刷したことがバレてしまうので、印刷せず、閲覧だけにしておきましょう。

 

ちなみに、私はその履歴にあった住所に実際に行ってみました。

郵便受けに名前が載っているマンションで、その人の部屋番号まで分かってしまいました。

 

 

Facebookで検索し、人物を特定する】

メールがたくさん出てきた場合ですが、よく読むと、仕事の愚痴などを言っていたりします。

私の場合は、「土曜は仕事で、日曜は休み」という内容から、相手の職業を推察しました。

普通のOLで土曜出勤は考えにくい。日曜完全休みだから、サービス業もなし。

バイトではない仕事で思いついたのは、看護師、歯科助手などの医療関係でした。

 

名前、住んでいる場所、年齢、想像した職業で何度も検索していくうちに、それらしい人物が出てきました。

私の場合は着信履歴に本名が載っていたので、凄く簡単に見つかりました。

そして、本名と職業でネット検索したところ、その人の勤め先のHPでご本人登場。

どこで働く誰か、どんな経歴かが分かってしまったというわけです。

 

 

いかがでしたでしょうか?

私は、メールのイチャイチャしたやり取り、裸の写真、相手の家の住所のメモなどを握りしめて弁護士事務所へ向かいました。

弁護士さんもビックリ、「ここまでやるんですね…」と、裁判でも十分戦える証拠だとお墨付きをもらいました。

探偵を使わなくても、ちょっとした知恵で何とかなることもあるんですね!

 

みなさんは、こんなにうまく証拠が残っているわけない、と思うかもしれません。

でも、夫は「浮気はバレていない」という自信があるから不倫を続けているのです。

完全に油断しているわけです。

最初のうちは律儀にメールを消しているかもしれませんが、時が経つうちに面倒になってくるのが人間というものです。

焦らず探せば、必ず証拠は見つけられます!!

 

浮気されて黙っていてはいけません、賢く証拠を探してギャフンと言わせましょう!

浮気されたことは悲しいし悔しいけれど、ここは心をしっかり持って、落ち着いて証拠探しに徹することです。

私は泣きながら証拠探しをしました、辛くて辛くてどうしようもなかったけれど、集めた証拠が最終的に自分の助けになりました。

不運にも、私と同じ境遇にあってしまった方の健闘を祈ります!