小野寺タヒチ ブログ

離婚・婚活を経て、ただいま妊活真っ最中! 女性・子ども・家族につわることを書いています。趣味は保育園での読み聞かせ

AMHが1.5も復活した奇跡

f:id:Tahiti-Onodera:20200308094532j:plain

不妊治療をすると、みんな測るAMH

いわゆる、卵子の残り数が分かる数値です。

数値が大きければ残り数が多く、年齢と共に数値は下がっていきます。

あくまで卵巣予備能力なので、妊娠のしやすさとは関係がないのですが、それでも自分の「出産余命」のような気持ちで、その数値を見てしまいます…

 

私は、治療を開始してすぐ、34歳の時に初めて測りました。

その時は1.51

実年齢+7歳、41歳相当の数値ですと言われました。

それでも1.0を超えていれば、採卵でも高刺激でたくさん卵子が採れる可能性があるので、全然大丈夫です!と励ましてもらいました。

一方で、AMHが低いので、ステップアップには時間をかけずに決断した方が良いと勧められ、この数値の結果が、体外受精に踏み切るきっかけとなりました。

 

院内の刺激法での採卵の平均数は11個~12個ということでしたが、私はFSHという値も当時良くなくて、平均を下回る8個の採卵でした。

 

 

移植してもなかなか結果が出ない中、日々思うことは、

「もう時間がないのに、どうしよう…」ということばかりでした。

採卵しても、取れる卵の数が少ないんじゃ、時間ばかりかかってしまう…という不安。

 

いよいよ凍結している受精卵もなくなるので、次の採卵のことも考えたいと思い、再びAMH検査をお願いしたのは、36歳。というか、ほぼ37歳直前。

これでAMHが下がりまくっていたら、もうチャレンジできる回数は少ないのだと覚悟を決めなければ…と思いました。

 

ドキドキしながら結果を待ちましたが、返ってきた結果にビックリ!

3.17で、34歳相当

 

 

…え???

 

 

先生に質問したところ、AMHは精度の高い検査だから、数値が間違っている可能性はないと思う、と。

でも確かに好転しているんです!!!不思議!!!

同じ生理3日目に測ったはずなのに!

 

こんな奇跡ってあるんですね!

どん底の結果を受け入れる覚悟だったのに、羽が生えたように心が軽い!

次の採卵にも、俄然やる気だし、何より自信を持つことができました!

 

 

数値は変動するという先生のHPを読んだこともあるし、この数値で一喜一憂するのは大間違いなのかもしれないですが、それでも、私はとても嬉しいのです!!

気持ちも前向きになれました!!

 

年明けから始めた、毎朝30分の夫婦ウォーキングの効果は出ているのかもしれません!

脱カフェイン、減酒、仕事を制限してストレスを減らすことも効果があったのかも。

飲んでいるサプリの効果もあるのか??

腸まで届く ラクトフェリンGX 90粒

腸まで届く ラクトフェリンGX 90粒

  • メディア: ヘルスケア&ケア用品
 

 FSHの値も、採卵当時よりずっと良くなっていたし!

 

 

人間の体って、分からないことだらけです。