小野寺タヒチ ブログ

離婚・婚活を経て、ただいま妊活真っ最中! 女性・子ども・家族につわることを書いています。趣味は保育園での読み聞かせ

タイミング法、排卵日はいつも予想外

f:id:Tahiti-Onodera:20191208132323j:plain

久しぶりにステップダウンして、卵胞チェックに行って来ました。

生理から10日目、ちょっと早いかな?と思っていたのですが、その先の都合がつかなかったので、行かないよりマシか!くらいのつもりで行きました。

 

卵胞を見てビックリ!

23ミリの卵子がいて、すぐにでも排卵しそう!という感じ。

※18ミリ以上になると排卵すると言われている

 

14日目でも、まだ少し先…という周期もあるのに、排卵日は改めて予測不能だなと思いました。

タイミングを測るのって、難しいですね。

 

排卵直前になると、排卵日検査薬で分かるけれど、もう少し前もって知るには、やっぱりクリニックに行くしかないんだな、と思いました。

 

検査薬に反応が出て、「今夜だよ!仕事は残業せず早く帰って来い!」と言われても、旦那だって困りますものね。

それに、精子は2〜3日生存するというので、排卵日より前にタイミングを取りたいなーと。

 

 

そう。

我が家は、今回は前もって、シリンジ法で連日タイミングを取ることを試したいのです。

排卵日まで、何日か連続で。

回数が多ければ、チャンスも多い!という、原始的な考えです。

先日買ったシリンジ、遂に出動!!

 

値段的には、こちらも良いかも。

薬を使うわけではないので、どのシリンジを使っても大きな違いはないように思います!