小野寺タヒチ ブログ

離婚・婚活を経て、ただいま妊活真っ最中! 女性・子ども・家族につわることを書いています。趣味は保育園での読み聞かせ

卵子の残り数を知れるAMH検査!早めに受けておくべし!

f:id:Tahiti-Onodera:20191102151028j:plain

卵子の数は、生まれた時から個数が決まっているって知っていますか?

年齢と共に残りが減っていくのですが、その残り数の目安となる検査が、AMH(アンチミューラリアンホルモン)検査です。

いわゆる、卵巣年齢が分かる検査。

 

自由診療なので、私のクリニックでは7000円しました。

血液検査で簡単に分かります!

月経の周期も、いつ測ってもOKな検査です。

 

AMHについての詳しいことは下記のHPが、参考になるかと。

 

ivf-asada.jp

 

うちのクリニックではマストの検査ではなかったので、何度も通って、人工授精まで進んでいたけれど、勧められませんでした。

半年以上経ってから存在を知り、先生に自分から調べてください!とお願いして、受けました。

 

そして、調べてビックリ。

 

自分の実年齢の平均よりもだいぶ低く、プラス8歳前後相当の、卵巣年齢だと判明。

早期閉経も疑われました。

40代半ば相当と知って、ショックでした。

 

AMHは、測定誤差があって当てにならないとしている医師もいるし、また、AMH値がゼロであっても妊娠する人もいるので、検査を推奨していないクリニックもあるようです。

でも、私は早めにやって良かったかなと思います。

やっぱり、気が付いた時には卵子の残りがほぼゼロだったら怖かったし、閉経が早い可能性が高いことも覚悟しておきたかった。

 

AMHは、妊娠のしやすいさとは別問題です。

素人考えでは、残り数が少ないと、卵子の遺伝子異常も多いのかな?と思いましたが、卵子の老化具合は実年齢に比例するようです。(また新しい見解が出るかもしれないけど)

 

AMH低値の場合は、卵子の残り数が少ないということ。

残された時間は少ない、ステップアップするなら早い方がチャンスが多いということです。

私たち夫婦も、それで早々に体外受精にステップアップを決断しました。

体外受精なんて、高額だし、何度も何度もチャレンジできるものではないけれど、それでも、後から後悔するよりは、早めにスタートできて良かったと思っています。

 

正直、まだ結果は出ていないけれど、36歳なので、転院する余裕もあるし、再チャレンジもできる。(お金の問題は別として、時間的に)

一度お休みしてリフレッシュする、という選択だってあるかもしれない。

ギリギリまで放置しておくより、選択肢が多いという意味で良かったと思います。

 

体外受精まで考えていなくても、仕事のキャリアアップなどをどうするか?の参考にもなると思いました。

自分には時間があるなら、まずは仕事優先で良いし、逆なら、妊娠を優先するという考えもあるかもしれない。

 

気になる方は、是非、早めに一度調べてみると良いと思いました。

腸まで届く ラクトフェリンGX 90粒 3個セット

腸まで届く ラクトフェリンGX 90粒 3個セット