小野寺タヒチ ブログ

離婚・婚活を経て再婚。5回目の体外受精で何とか妊娠継続中!

プレゼントにもおすすめの絵本 年齢別ランキングBEST5【4~5歳】

【4~5歳】

保育園・幼稚園でも年長さん。

時には大人顔負けの会話力を発揮することもあって、おしゃべりが楽しい時期です。

ストーリーを理解して聞くことができるので、長い本でも大丈夫。

この時期に読んであげる本は、小学校にあがって字を覚えたら「自分で読める絵本」になると思います。長くお付き合いできる絵本になりそうです。

 

 

 1位「りんごかもしれない」

 
りんごかもしれない

りんごかもしれない

 

 初めて見た時は、その絵の細やかさに驚きました。

じーっと目をこらさないと見逃してしまいそうな繊細さ。大勢と読み聞かせることには向かないので、是非、おうちでじっくりと。

情熱大陸などでも特集されている新進気鋭の絵本作家ヨシタケシンスケさんのデビュー作です。

りんご…に見えて、りんごじゃないかも!?という宇宙的発想が面白い。

クリエイティブなお子さんに育つかも!?

 

2位「ころべばいいのに」

 
ころべばいいのに

ころべばいいのに

 

 同じくヨシタケシンスケさんの本。

悩んだけれど、これも外せないほど面白いんです!

「りんごかもしれない」はポジティブな内容ですが、この「ころべばいいのに」は、タイトル通り、ちょっと意地悪な気持ちをフィーチャーしています。

物事の良し悪しが付いた頃がいいかもしれない、という点で、ちょっと大人向けだと思っています。

 

 3位「こんとあき」

こんとあき (日本傑作絵本シリーズ)

こんとあき (日本傑作絵本シリーズ)

 

 私の、絶対的ナンバーワンの絵本!

林明子さんの作品はどれも名作だけど、名作中の名作!

ぬいぐるみの「こん」に面倒を見てもらっていた、「あき」。

年月が経ってボロボロになってしまったこんを直しに、おばあちゃんのいる鳥取まで旅をします。あきの成長が見られて、思わず涙してしまいます。

女の子向けかなと思います。

 

 4位「999ひきのきょうだいのおひっこし」

999ひきのきょうだいのおひっこし

999ひきのきょうだいのおひっこし

 

 「 999ひきのきょうだい」のシリーズの一つですが、私は「おひっこし」が一番好きです。前作を読んでいなくても分かる内容なので安心してプレゼントできます。

かえるの家族がお引越しするために大冒険!

村上康成さんの絵が超カワイイです。

このシリーズは、海外でも賞を取った名作です。「はるですよ」「おとうと」「ほしをさがしに」など、制覇するのもオススメ!

 

 5位「100万回生きたねこ」

100万回生きたねこ (講談社の創作絵本)

100万回生きたねこ (講談社の創作絵本)

 

 演劇の舞台化になるほど有名な作品だから、誰もが知っていると思いますが、やっぱり何度読んでも素敵。

 

子どもにもオススメだけど、大人も、何度読んでも、何歳になって読んでも、毎回新しい発見と感動があって不思議な作品です。

一家に一冊!の本だと思います。 

 

 

 迷った時は、このサイトで色々探せます。

年齢やシーン別で検索でき、レビューも見れるので参考にしてみてください!