小野寺タヒチ ブログ

離婚・婚活を経て、ただいま妊活真っ最中! 女性・子ども・家族につわることを書いています。趣味は保育園での読み聞かせ

夫婦の寝室 ダブルベッドを買ってはいけない理由

f:id:Tahiti-Onodera:20190813140253j:plain

結婚したら、夫婦の寝室は同室にしようと決めている方。

 

そこで悩むのは、別ベッドか?一緒のベッドか??

 

別ベッドだと、同室にしている意味が薄いような気がするので、大きなベッドを買って、2人で寝ようと考える人は多いです。

家具屋さんでダブルサイズやクイーンサイズのベッドを見ると、ホテルみたいでワクワクしますよね。

しかし、その大きなベッド、ちょっと待ってください!!

 

 

【予想以上に、寝具が高くつく】

しかし、ダブルサイズやクイーンサイズ、ましてやキングサイズになると、困るのは寝具です。

シングルサイズなら、色や柄も様々あって、選べる楽しさがありますが、ダブル以上になると、一気に品ぞろえが悪くなってしまいます。

気に入った柄が見つからない場合も多いし、そもそも、一気に値段も割高に!

 

 

【洗濯が大変】

広いベランダがあったとしても、ダブルやクイーンサイズのシーツを干すのは一苦労!

場所が足りないことはもちろん、天気も気を付けないと乾ききらないことも…

洗濯機も、小さいものだと、寝具だけでいっぱいになってしまいます。

 

 

【おすすめは、シングルベッド2台をくっつけること】

そこでおすすめしたいのは、シングルベッドを2つ、ぴったりくっつけてダブルサイズにしてしまうことです!

同じメーカーの同じ物を買えば、当然、高さはぴったり揃うので問題なし。

ホテル並みの大きなベッドの雰囲気を楽しめます。

境目が気になるのでは?と思うかもれませんが、高さが揃っているので全然大丈夫です。

どうしても気になるなら、ダブルサイズのベッドパットを敷いてしまえば、全て解決!

 

最強なのは、それぞれが好きな柄のシーツや布団を使えるし、それぞれの好きなタイミングで洗濯できること。

 

それに、もしもこの後、仲が悪くなった時は、シングルベッドとして別室に移動することも、もちろん可能(笑)

 

是非、シングルベッド × 2 やってみて~