小野寺タヒチ ブログ

離婚・婚活を経て、ただいま妊活真っ最中! 女性・子ども・家族につわることを書いています。趣味は保育園での読み聞かせ

妊活中でも旅行に行きたい!不妊治療中でも行ける期間と場所

f:id:Tahiti-Onodera:20190709212619j:plain

妊娠することが一番の目標であることに変わりはないけれど、妊活が長引くとストレスも溜まります。

不妊治療がステップアップしていく中で、セックスや食生活、行動にも何かと制限が…

すぐに妊娠してくれれば良いのですが、何年という単位で妊活することになる方も多いと思います。

ただいま体外受精にトライ中ですが、長い妊活をストレスなく上手に乗り切るために、たまには旅行に行きたいな~と思いました。

が、次の治療ステップに行く度に、どれくらい通院するのか?どれくらい時間が自由になるのか?いつも不明で、旅行の計画は立てにくかったです。

あまり先のことまで先生は教えてくれないのですが、前もって知っていたら、あのタイミングで行っておけば良かった!!と思うことばかり。

ですので、あくまで治療最優先で、影響が出ない計画の立て方を、治療のステップ期間別に伝授します!

 

【行ける期間と旅行① タイミング法~人工授精】

タイミング法なら、排卵日予測の内診日さえ確保できれば良いので、ほぼ制限なし!

人工授精なら、排卵のタイミングを計る内診日と、人工授精のその日さえ確保できれば良いので、これもほぼ問題なしです。

ただ、数か月前から前もって予約しておくと、予想に反して生理の周期がずれたりすることもあるので、意外と難しい…

少し高くつきますが、一か月を切ったところで予約すればキャンセル料金がかからず行けます。

 

(できる旅行)

→数週間前の計画で間に合う国内旅行

 アウトドアやスポーツも、普段通りでOK

 

 

体外受精のタイミングになったら、治療をお休みしないと行けないし、そもそもお金がかかるので大きなに行く気分にならない。

治療初期の頃に行っておけば良かったな、と思うこともありました。

 

 

 

【行ける期間と旅行② 体外受精~採卵周期】

採卵周期だと通院する回数が多いので、正直難しいです。

排卵誘発の注射が効いてくる、採卵日前後はお腹が張って体調にも変化があるので、行動にも多少気づかいが必要になってきます。

ただ、通院日と重ならなければ旅行は全然OK!

アウトドアやスポーツ系の旅行は向かないと思いますが、子宝祈願のパワースポット巡りとか、一泊二日程度の温泉旅行などは可能です。

注射ばかりでストレスもあるし、本当にちゃんと卵子が採れるか不安なので、土日などを利用して気分転換をすると良いと思いました。

 

(できる旅行)

→直前予約が可能な、一泊二日程度が限界

 アクティビティは向かない

 

 私たちは、テレビCMでよく見かける「トリバゴ」で、ホテルを見つけて、レンタカーを借りて温泉旅行に行きました。

旅行会社で見積もりすると時間がかかるので、自分でさっと見つけて行く方が気楽でいいですね。妊活中の旅行はクオリティよりも、フットワークの軽さ重視!

 

 

 

【行ける期間と旅行③ 採卵後~移植前】

採卵直後は安静が必要です。

私は排卵誘発の注射を打っていたので、採卵後に軽度の「卵巣過刺激症候群」になりました。痛みや出血があるので、数日間は旅行は難しかったです。

採卵後一週間くらい経つと体調も回復しますので、そこからは自由に行動できます。

凍結胚移植の場合は、採卵周期では移植せず、一周期以上卵巣を休ませてから移植になりますので、大きな旅行に行くのであれば、このお休み期間がチャンスです!

私はそれを採卵日に知らされ、どこにも行けず…ちょっと後悔しています。

 

採卵後、自分へのご褒美に海外に行けば良かった!

大金を支払っていたのでそういう発想がなかったけれど、その後も長く不妊治療と付き合うことになったので、ここが最後のチャンスだったな、と。

調べたら、意外と安く行ける海外もありました。

直前で予約して行く行動力があれば、全然行けそう!

 

移植周期になると、通院は半月に2~3回あります。

私は「ホルモン補充周期」の移植ですが、うちのクリニックでは大抵の場合は生理から19日目の移植になることが多いそうです。

移植前は、薬を飲んだりテープを貼ったりして内膜を安定させます。

移植数日前から、経膣錠での黄体ホルモン補充が始まりますが、移植前まではさほど行動には制限がありません。

これも、生理が来てみないことには、いつがその期間になるのか読めないので、前もって計画する旅行は行きにくいです。

ただ、最近では直前でも割安の旅行は出ていますので、キャンセル料覚悟で申し込んでおくよりも、生理の周期を見てから計画しても良いように思います。

数日に一回は通院するので遠出は難しいですが、うちのクリニックは日曜祝日がどうせ休診日なので、そこを利用して旅行を計画しました。

 

(できる旅行)

→直前でも計画が間に合う国内旅行

 アクティビティも可能

 

例えば、エアトリのような航空券比較サイトで検索して飛行機があれば、国内旅行も無理ではないです。

私たちは連休を利用して、弾丸だったけれど沖縄まで行きました。

採卵後に行きそびれたし、もうこの期間を逃したら、あと何年も行けないかもしれない!と思ったので思い切って。

エアトリ使いました、ホテル予約も一緒にできるので超スピーディー!

  

 

 

【旅行が難しい期間】

移植後の生活にも、特に制限はありません。

でも、お腹の中に赤ちゃんがいる可能性もあるので、私はどうしても気になってしまって大胆な旅行は行く気になれませんでした。

実際に自然妊娠する人たちは、気にせずお酒も運動も飛行機も、自由にやっているんでしょうけれど…

 

 

実際、体外受精は非常にお金がかかるので、旅行で贅沢している場合ではないです。

でも何年も何年も、どこにも行かず治療のことだけを考えていては息が詰まってしまいます。

旅行は、よく「出産前にしておけば良かった」ことの一つに挙げられます。

格安サイトなどを上手に利用して、妊活中も楽しく過ごしたいものです。